ILAC

農業体験も出来る!「バスで巡る、いしかわの農業法人見学会(加賀)」 ~見学・収穫作業体験・試食~ 充実の日帰りプログラム!


今年も開催決定!昨年大人気だったバスでめぐる見学会です!石川県の農業や農業法人で働くことの魅力感じてもらうため、農業法人の見学会を開催します。今回の見学会では、各訪問企業の現場において企業説明を受けるだけでなく、実際に参加者に農作業を体験して頂くプログラムとなっております。農業法人への就職や石川県農業に関心のある方は、是非、この機会にご参加ください。

◆訪問先企業紹介
★(有)わくわく手作りファーム川北(川北町)
【ソーセージ作り体験・昼食】
川北町の基幹産業である「農業」とそれをアピールする「商業」を融合し新しい地場産業を産み出そうと、地元商工会有志が集まり法人を設立。地ビールプラント・レストラン・産直物産館の入った施設建設や、地域の農地を守るため、休耕田を利用したビール麦や豆類の栽培、収穫した農作物を原料に地ビールを始めとする商品開発に取り組んでいます。

<決め手はココ!>
商品開発など「商業」の視点からみた農業に興味がある方におすすめな企業は「(有)わくわく手作りファーム川北」。見学会当日はソーセージ作り体験もできます。また、わくわく手作りファームさんが運営するレストランでの昼食となりますので、こちらもお楽しみに。

★(有)安井ファーム(白山市)
【ブロッコリー収穫体験】
水稲中心の経営から露地野菜を大規模に導入し、事業を拡大。現在では、県内一のブロッコリー栽培面積を誇ります。楽しい農業をモットーにお客様と社員の幸せを追求出来る仲間を求めています!

<決め手はココ!>
大規模な野菜生産に興味がある方におすすめな企業は「(有)安井ファーム」。品種の改良が進んだことで、近年では茎まで食べられるようになったブロッコリーが看板商品ですが、その他にも様々な野菜を生産しています。見学会当日は収穫体験ができます!

★(有)ばんば(白山市)
【新米試食】
石川県を代表する米専作農家。『コシヒカリ』をはじめ、粘りが有り冷めても美味しい『夢ごこち』、粒が大きく甘みのある『どんとこい』など、多彩な品種(8種)を作付けしています。石川県が育種した新しい品種『ひゃくまん穀』(大粒で食べ応えがあり、冷めても美味しい)の作付けも開始、生産者組織の代表として活躍中です。

<決め手はココ!>
日本人の主食である「米づくり」に興味がある方におすすめな企業は「(有)ばんば」。無農薬や減農薬で多彩な品種を作付けしています。第33回日本農業賞大賞を受賞して以降も、日本一の米づくりをめざして農作業に取り組んでいます。見学会当日は、この時期の醍醐味、新米を試食できます!

◆イベントの特徴
◎日帰りの農業法人見学会
◎新規就農希望者の相談にものれます!体験時、お気軽にご相談くださいね。

◆開催日程
平成29年10月7日(土)

◆応募締切
平成29年9月26日(火)

◆参加費用
無料(昼食代含む)
※ただし、出発地(金沢駅)までの交通費は自己負担

◆持ち物
農地に入るため歩きやすい靴でお越しください。

◆応募資格
概ね40歳未満、農業経験不問、石川県外在住優先

◆定員
15名程度

◆当日のスケジュール
9:00  金沢駅集合
9:10  金沢駅出発
10:00~(有)わくわく⼿作りファーム川北《ソーセージ作り体験・昼食》
13:00~(有)安井ファーム《ブロッコリー収穫体験》
14:30~(有)ばんば《新米試食》
16:30  金沢駅到着
◎スケジュール及び体験の内容については、作物の状況に応じて変更する可能性がございます。

◆申込方法
参加申込書をファックスまたはメールにて提出ください。下記HP(第一次産業ネット)からも申し込みできます。
http://www.sangyo.net/job/detail/4977

◆チラシ(参加申込書)
こちらをご覧ください。(PDF)

◆お問合せ・お申込み先
(公財)いしかわ農業総合支援機構
担当:畝(うね)、小森(こもり)
TEL:076-225-7621
FAX:076-225-7622
E-mail:info@inz.or.jp
申込終了
日時
2017/10/07 09:00 ~
申込終了
参加費
無料
定員
15

会場

※掲載本文や詳細・申込サイトをご確認ください

アクセス

住所

会場地図
送信する