ILAC

音楽を通じて北陸を元気に!地域みんなで育てるアイドルグループ

思わず応援したくなる!等身大の存在が魅力


「北陸発信のスター」を見いだし育成する一大プロジェクトとして、2016年に結成された「ほくりくアイドル部」。2018年現在では中学生から20代の女の子たち17名が、石川県を中心に定期公演や各地で開催されるイベントに出演し「北陸を“音楽”で元気に!」をキャッチフレーズに日々活動しています。



総合プロデューサーの中新賢人(なかしんまさと)さんは、北陸を代表する5人組ロックバンド Seattle Standard Cafe’(通称:シアスタ)のボーカル。国内外ツアーを繰り返す中、今度は活動拠点である北陸・石川を盛り上げたい、そう強く感じ始めた時に出会ったのが彼女たちでした。「自分の夢を託したい!」という想いで現在は楽曲提供やマネジメントなど、グループを全面的にプロデュースしています。



1期メンバーとして活動し、キャプテンを務める松井祐香里(まついゆかり)さんは「アイドルが好きだった」という理由から最初は気軽な思いで加入。「初めはとにかくアイドルの大変さに驚きました。練習は厳しいし、スケジュールもハード、自分が描いていたキラキラしたアイドル像には程遠く、続けられるのかとても不安でした。でも、2017年に金沢マラソンに出場させていただく機会があり、その時に本当にたくさんの方から応援をいただいて、活動への意識が変わりました。こんなに応援してくれた地域のみんなに恩返ししたい!もっと石川や北陸を盛り上げたい!そう強く思うようになりました!」



結成当初は、ほとんどのメンバーが歌もダンスも未経験のいわゆる素人からのスタートだったという彼女たち。現在も自分たちでは完璧ではないといいます。「そんな不器用さや不完全さも含めて地域のファンに見守られながら成長していくグループだからこそ、たくさんの方に応援してもらえるのだと思います」と中新さん。

地元スポーツチームの勝利の女神に


バレーボールチーム「PFUブルーキャッツ」 チアチームをはじめ、地元Jリーグチーム「ツエーゲン金沢」のマスコットガール、金沢マラソン公式応援リーダーなど、数々のイベントやスポーツチームの応援団として抜擢されている「ほくりくアイドル部」。
「メンバーの中で各チームの担当を分けています。例えばPFUブルーキャッツ担当の子は、試合のお知らせをSNSに投稿したり、実際に応援に行った様子をアップしたり。自分たちの応援でチームの勝利に少しでも貢献出来たら嬉しいですね!」



毎月第4日曜に開催している定期公演内のファン投票で毎回多くの票数を獲得するというメンバーの奥村星香(おくむらせいか)さんは「PFUブルーキャッツ」を担当しているそう。「元々大好きなチームだったので、活動の中でも応援できて本当に楽しいです!」と満面の笑みで答えてくれました。

北陸から全国へ!たくさんの人を元気にしたい


結成して2年、まだまだこれからと話す松井さんと中新さんに、今後の夢を聞いてみました。
「誰が見ても北陸一のアイドルと言われるようになることが目標です。個人的には、動画編集やSNSを積極的にしていて、何かお仕事に繋がったりほくりくアイドル部のプラスにならないかなと思っています」。松井さんは、自分だけが羽ばたくのではなく、全員が輝けるようにメンバー内でのケアやコミュニケーションにも力を入れて取り組んでいて、メンバー全員の意見を吸い上げて中新さんに伝えているそうです。「みんなが1つになってパフォーマンスし、もっともっとたくさんの人たちに私たちの魅力と存在を知ってもらいたいです」と意気込みを語ってくれました。



「北陸といわず全国へ」と中新さん。「まずは石川で、誰に聞いても『メンバー内ではこの子が好き』とフルネームで名前を言ってもらえるように。そして、全国に羽ばたいて行き活躍する!そんな北陸を代表するアイドルになれるようにサポートしていきたいですね」。
「自身としては子供達にも歌ってもらえるような『音楽の教科書に載るような楽曲をつくる』のが夢。そのような多くの人に共感してもらえるような曲を作って彼女たちに歌って発信してもらう。一緒に夢を見させてもらえたらなと思っています。」



インタビュー中も、みんながずっと元気で笑顔が溢れています!思わず応援しないではいられない、そんな雰囲気に包まれた時間でした。「ほくりくアイドル部」のこれからの活躍に目が離せません!
この記事が気に入ったらいいね!
送信する