ILAC

レポート|速水健朗&常見陽平トークイベント「いま、地方に住む、働くということ」


4月23日(土)、いしかわ移住UIターン相談センターの開所を記念した速水健朗氏と常見陽平氏のトークイベントが、当センターを置くパソナグループ本部で行われました。当日は20名以上の方に来所し、お二人の熱のこもったトークセッションを熱心に聴いていました。

飴谷・いしかわ就職・定住総合サポートセンター長
はじめに、いしかわ就職・定住総合サポートセンターの飴谷センター長より、石川県における移住事業や「いしかわ移住UIターン相談センター」の開所について説明がありました。

常見陽平 いしかわUIターン応援団長
バトンを常見氏・速見氏に渡すと、常見氏から「いしかわUIターン応援団長」に任命されたことが紹介され、石川県とのゆかりや想い、そして石川県金沢市出身の速水さんの紹介へとなりました。

「地元に帰りたい人に地元の企業の情報が届いていない」という切り込みから入り、「地方に仕事がないことを因数分解しなくてはならない」という常見氏。どんな仕事で、誰ができる仕事なのか突き詰める必要があるという言葉は、私たち運営側にも刺さるメッセージでした。

速水健朗&常見陽平
「成功事例は本当に成功しているのか」問題や、「引越しする理由はなにか」問題など、本質を突く内容の数々に、2時間はあっという間に終了。参加いただいたみなさんにとっても刺激的なトークイベントとなりました。

常見氏・速見氏
トークイベントが行われた4月23日には、いしかわ移住サポートメディア「イシカワノオト」のFacebookページが500いいね!に達し、いしかわへのUIターンの考える方にとって有益な情報を発信するメディアの責務も増えました。今後も、石川県へのUIターンをサポートするとともに、しっかりとした情報を発信していこうと思う機会となりました。
この記事が気に入ったらいいね!
送信する